自分を大切にするべき理由は「効率的だから」という考え方

エンパス・HSP
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

自分を大切にするべきと言われても、道徳の授業っぽいとか説教くさいとか、そのように感じる方は多いと思います。

いきなり「皆さんは、自分を大切にしていますか?」と語りかけられたら、「うるさい、この偽善者」と言いたくなるかもしれません。

それでもこのブログでは、自分を大切にすることをお勧めします。

自分を大切にした方が、何かとお得で、色々とはかどります。

そして、自分を大切にすることは、かなり効率の良いことです。

今回の記事では、自分を大切にすることについて、効率や得をするという起点で書いてみます。

自分を大切にしなければいけない3つの理由

1.自分を最も大切に出来るのは自分

どんなにあなたを大切にしてくれる人がいても、24時間共に居て心地よくしてくれるわけではありません。

一番効率よくあなたを大切に出来るのはあなた自身です。一番の理解者は自分自身です。

自分を大切にするのが自分の役割、各々が自分を担当して大切にすればみんなが幸せになれます。

なので、自分を大切にするのは自分の仕事だと思って、人の助けを待たずに積極的に自分を大切にしてください。その方が早く幸せになれます。

スピリチュアルっぽい話になりますが、守護霊と呼ばれる個人を加護してくれる存在は、その人の無意識です。無意識の深い部分が独自の意志をもったかのように働きます。

2.生きていくのが楽になるから

本人が楽になるのはもちろん、周囲の人も楽になります。自分を本当の意味で大切に出来る人は、他の人も大切に出来ます。

そのような人が多ければ多いほどみんなが楽になります。

世の中が居心地の良い状態になるために最も効率の良い方法は、各自で自分を大切にすることです。

3.人に迷惑をかけないため

人を優先するために自己犠牲しているんだ、という理由で自分を大切にしていない人もいます。

人を優先する方法は自己犠牲だけではありません。それどころか、人に迷惑さえかけています。

自分を大切にしていない人は、大なり小なり「病んで」います。何かを抑圧し、我慢し、その反動のエネルギーが行き場を探してします。

自分を大切にしていなければ、心は不安定になります。歪(ひずみ)も生じています。

そしてその歪は、意識、無意識にかかわらず、人を攻撃する原因になります。

はっきり八つ当たりする場合もあります。「自分ばっかり不幸だ」という気持ちが、言葉の棘となって出ることもあります。妬みに形を変え、嫌味を言うかもしれません。

これは健全な心の人からすれば、意味もなく攻撃されているようなものです。

勝手に自分をイジメているのに、周囲に対して攻撃をする、迷惑をかけるという言動は効率的ではありません。

自分を大切にする失敗パターンと成功パターン

失敗する考え方

人を大切にするために、自己犠牲をしてきた。

なので自分を大切にするためには、人を犠牲にしなければいけないという考え方があるようです。

自分を大切にするように説得されると

「分かった! 人を蹴落としてでも自分を大事にする!」と思うようです。

自分は、人が幸せになるために我慢してきたと思う人が、こういう考えになります。

自分の苦しみが、他の誰かの喜びに代わるという、身代わりのようなシステムをイメージしているのかもしれません。

これは、ゼロサム思考、二極思考と呼ばれるもので

幸せや喜びは限られていて、誰かが幸せになれば他の人は幸せになれないという、まるで椅子取りゲームのような考え方でもあります。

ゼロサム思考では

  • 誰かの幸せのために自分が不幸にならなければいけない
  • 誰かが得をすると、自分は損している
  • 誰かが褒められれば、自分は怒られる

という発想をします。

自分を大切にするためには、他人をないがしろにして蹴落とさなければいけないという考えをもとに行動すると、大抵は失敗します。

成功する考え方

全ての人は大切な存在なので、自分も大切な存在だ。

自分が大切なのと同じく人も大切だと、皆が思っていればお互いを尊重できる良い場になります。

ただ、自分だけがその考え方なら、上手く状況は動きません。

場を動かす中心になる人がそう動いているか、場の半分くらいがそうである必要があります。

それでも、この形で自分を大切にしていくことをお勧めします。目立って動けという意味ではなく、信条として持っている基本ルールでもかまいません。

自分を大切にするのは、徳を積む行動です。

人のためになれば徳は貯まります。その「人」には「自分自身」も含まれます。

徳を積んでいけば、同じように徳を積んでいる人が居る場に行けるようになります。

(ただし年単位の時間が必要なこともあるので、並行して自分を守る対策をした方が良いこともあります)

自分を大切にするためにまずやることは?

これは、特に受信型のエンパスに大切なことです。

体を大切にして、健康になることです。

  • ゆっくり休む
  • 体に良いものを食べる
  • 趣味を楽しむ

など、色々あります。

これって、とても贅沢なことですよね。

そんな時間は取れないかもしれませんし、食費も安くしたいと思います。

でも、体を大切にするために無理のない範囲で贅沢をします。

エンパスにお勧めなのは、外的要因からの影響が強く出るからです。

もちろん、非エンパスの方でも効果が高いものです。

ですがエンパスの場合、魔法にかかったのかと思うぐらい極端に効果が表れます。

健康になれば、体調も良くなり、効率的に活動が出来ます。結果心に余裕も出ます。

人を大切にしても、人生までは背負わない

人とのかかわりで、

  • 自己犠牲だけはやめる
  • 相手にとって、自分がどうすれば良いか

の、この2点を考えていくと、答えが見えてきます。

安易な自己犠牲は長い目で見ると相手を不幸にすることもあります。

「自分が助けてあげれば解決する」と思うようなことでも、相手の「人生の課題」なこともありえます。その場合は、その人の人生の邪魔をしているのと同じです。

これは、自分の助けがなくても出来る、乗り越えられる、と相手を信用することで、余計な邪魔をしなくなります。


「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という言葉があります。

魚を与えても、食べればそれで終わりです。
釣り方を知れば、自分の力で魚を手に入れられるのだからその人のためになる

という考え方です。

魚を与えるのは簡単です。

釣り方を教えるのは手間がかかります。

ちゃんと釣れるようになるかな? 怪我をしないかな? そもそも釣りをしようと思わずそのまま飢えてしまわないかな? と、相手を信用しなければ、魚を与え続けます。

そうして、相手はいつまでも自力で魚を手に入れられません。

魚を与え続けているのは、相手が魚を手に入れる機会を奪ったので、その部分の

相手の人生を背負っているのと同じです。

これは、相手も自分も大切にしていない状態です。

まとめ

  • 自分を大切にする3つの理由
    • 自分を大切にする担当者が自分だから
    • 楽に生きられるから
    • 人に迷惑をかけないため
  • 自分が幸せになるために人を蹴落とすと考えると失敗する
  • 自分と人を同じく大切に思えば徳が貯まる
  • 人への不必要な親切は、人生の邪魔をすることになる
タイトルとURLをコピーしました