チャクラ

スポンサーリンク
チャクラ

本能操作とは?物質・関係・プロセス依存の違いを簡単に解説

依存は心の問題で起こるイメージが強いかもしれません。 ですが、本能の操作により外部から依存させられることは多くあります。 心の問題に関係なく、ジャンクフードがやめられないなどです。 これは油と塩、糖分の組み合わせが、脳内...
エンパス・HSP

エンパスとチャクラ ‐ 第2チャクラで「疲れやすい」を「楽」にする方法

誰もが日常生活を送りながら、第2チャクラを使えるようになり、疲れやすい悩みを解消する方法があります。 特別なことをする必要はありません。 脳科学の理論からのものですが、小難しいことも一切ありません。 チャクラを開けば特別...
チャクラ

チャクラが開く2つのパターンと違いについて

チャクラが開くという現象には、2種類あります。 簡単に言えば、 チャクラが開(あ)く:物理的に気が通るチャクラが開(ひら)く:成長によって使える の2通りです。 今回の記事では、この2つの違いについて書いていきます...
チャクラ

チャクラの活性化「エネルギー」と「役割」の違いとは?

チャクラは、 発達段階の区分として(役割)体の器官として(エネルギーの強さ) の、2通りあります。 今回の記事では、チャクラを使うための考え方について書いていきます。 発達段階の区分とは、人の成長を研究する発達心...
チャクラ

インナーチャイルドの癒し方と第3チャクラの関係

こんにちは。くまの(Kumano@Rpgmg)です。 チャクラは人が成長していく段階を表すものとしても使われます。 学校で言えば「今は小学校三年生」「中学を卒業して高校1年生になった」といった段階を表すのと同じようなものと考え...
発達心理学

「心が変われば態度が変わる」を発達段階で考える

心が変われば、態度が変わる。 態度が変われば、行動が変わる。 行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。 人格が変われば、運命が変わる。 運命が変われば、人生が変わる。 このような教えがヒンズー教にあります...
発達心理学

第6チャクラを開く危険性【誰も言わない現実】

こんにちは。くまの(Kumano@Rpgmg)です。 第6チャクの危険性については色々な場所で説明されています。例えば 現実感がなくなる霊感を制御出来なくなるクンダリーニ症候群という不調 などです。 ですが第6チャ...
チャクラ

器量の意味は?大きくする方法「3段階」を解説します

こんにちは。くまの(Kumano@Rpgmg)です。 「器量」大きくする・上げるためには3段階あります。 器量がある、器量が大きい状態は、人をまとめ上に立つために必要なものと言われます。 社会的な成功のためだけではなく、...
チャクラ

第4チャクラの意味を「生き方」という観点で考える

チャクラは、人が成長・成熟していく過程を示す発達段階の区分として考えています。 チャクラを開(あ)ければ能力が手に入るというものではなく、能力を定着させていくためのものとして使います。 今回の記事では、第4チャクラにつ...
チャクラ

魔法少女まどか☆マギカ考察 – 各キャラの優位チャクラとソウルジェム

テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を観ていて、第4チャクラ(あたりの位置)から「ソウルジェム」という宝石のようなものが出てくるのが気になっていました。 ソウルって魂なわけですよね。中学生の女の子が魂むき出しの状態でいるのは、かな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました