2・6・2の法則と運の良さの関係

心の話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

運の良い人っていますよね。

運が良い原因は、大きく分けて2つあります。

チャンスを生む行動力と「徳」です。それは気の持ちよう~つまり「気持ち」によって変わります。

運の良し悪しは自分で決められます。運を自力で動かすこともできます。

今回の記事では、2・6・2の法則と運の良さの関係を書いていきます。

運の良い人は2割、普通の人が6割、運の悪い人は2割です。2割の運の良い人について知ることで、どう運を良い方向に動かして行くかが分かります。

  • 2・6・2の法則と例
  • 運と気持ちの関係
  • 運の良い2割、普通の6割、悪い2割
  • 運を良くする方法

2・6・2の法則とは?

どんな組織や集団でも

2割がよく働き
6割が普通に働き
2割がサボる

という割合が決まっているという法則です。

働きアリの法則とも呼ばれているもので、アリや蜜蜂の社会でも同じ現象があると言われています。

この2・6・2の法則は、いくつかの現象にも当てはめられます。

人間関係
2割:何があってもあなたの味方
6割:状況によって敵にも味方にもなる
2割:何があってもあなたの敵

イジメ
2割:イジメる人
6割:傍観者
2割:イジメられる人

お客さん
2割:特別にひいきしてくれる客
6割:普通の客
2割:商品やサービスに不満を持つ客

人が入れ替わってもこの割合を保つと言われています。

運を良くする=気持ちを管理する

「気持ち」の管理が運を左右する、つまり気持ちの管理=運の管理です。

何か大きなトラブルがあった時に起きる気持ちとして

  1. 積極的に解決しようとする
  2. 状況が好転するのを願う
  3. 助けが入るのを待つ
  4. ただ悲観にくれる
  5. なんとかなると思う(結果何もしない)

一例ですが、上の5つのどれかを選んだ時、結果は下のようになります。

  1. 積極的に取り組めば、好転する可能性が高くなります。
  2. 状況が好転するのを願うだけでは受け身な姿勢であり、運に振り回されます。
  3. 助けが入るのを待つのは消極的で人の行動に左右されます。
  4. ただ悲観にくれていては、良くなるものまで悪くなります。
  5. 無理にポジティブになろうとして失敗しています。

1.が、運の良い2割
2.3.が、その時によって運の良し悪しが変わる6割
4.5.が、運の悪い2割です

意識せずに選択したものが、運の良し悪しに影響しています。

2・6・2の法則と運

何を選択するかを決めるのは気持ちの管理も、2・6・2の法則が当てはまります。

運の良い2割

ものごとに対し積極的に働きかけます。

周囲が動かなくても自分で動き、流れを作ります。

このような気持ちを持っていれば、先を読んで準備をする、変化に応じて対応を変えるのも可能です。

失敗を成功のためのステップにもできます。なので運が良くて当たり前です。

このような行動は「徳」という良いエネルギーを貯めます。なので、さらに運が良い状態になります。

感情の管理

感情を自分の味方につけます。

怒りの感情をやる気につなげる、悲しみの感情を決意に変えるなどです。

感情は強いエネルギーなので、それを味方につければもっと運が良くなります。

運が良くも悪くもない6割

ものごとに対し、受け身です。

自分で動かなければ、状況も自分の思うようには動きません。自分以外の何か、他の人の行動や状況、偶然に振り回されてしまいます。

周囲にコントロールされ、成功したり失敗したりします。

運も自分の思うようにはなりません。

感情の管理

感情が自分を邪魔しない程度に管理できています。

怒りの感情を抑える、悲しみの感情からは立ち直るといった程度です。

運の悪い2割

成り行きに任せます。

悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ」というのは、アランの幸福論です。

行動すれば良くなる時でも何もしない、ただ状況に流される、そして気持ちは沈み、

「自分はなんて運が悪いのだろう」と、なげきます。

悪循環にはまっている状態です。

運の流れを変えるには、何か行動を起こす必要があります。ですが、鬱状態ならそれも難しいかもしれません。

感情の管理

感情に振り回されます。

怒りは抑えられず、悲しみに囚われたままです。感情は邪魔なもので、いらないと思います。

運を良くするためには?

まず、体調を良くしていきます。

体調と気持ちには密接な関係があります。脳内ホルモンが正常に分泌されるのも、体調しだいです。

体調が良ければ行動力も付くので、運が良くなる基本ですね。

健康のために食事に気をつけ、軽い運動を心がけるだけで、気分はびっくりするほど良くなります。

次に、行動力や前向きな気持ちを手に入れて、それをどう使うか考えます。

運が悪いなら、その悪循環から抜けるために何か1つでも行動します。良くも悪くもないなら、運を自力で動かせるようにしていきます。

自分で運を動かすためには、人に任せきりにせず、人のせいにせず、自分で動いていくことです。

綺麗ごとのように見えるかもしれませんが、いろんな人の運を見ていくと「徳」と「行動」の2つが強く関わっていると感じます。

まとめ

  • 集団の2割が優秀、6割が普通、2割が劣等という2・6・2の法則がある
  • 運が良い2割、普通6割、運が悪い2割という法則がある
  • 運の良し悪しを決めるのは、行動力や気持ちによる選択の連続
  • 運を良くするためには、まず体調を良くする

私は、かなり運が強いほうです。

ものすごく良いことがある代わりに、かなりひどい体験もします。その繰り返しです。(良いことを起こすための試練がかなりキツイという認識で、基本的には自分の強運を信じています)

もっと運が強く、良いこと悪いことの落差が激しい人もいます。

そんな人がご自身のことを「運が良い」と評しているのを見ると

私が「運が良い」ではなく「運が強い」止まりなのは、意志と覚悟が足りていないからだと実感します。

心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました