親切が仇になる⁉ オペラント条件付けしていませんか?

心の話
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

人に親切にするのは良い事でしょうか?

基本的には良い事だけれど、時と場合と加減による。というのが一般的な考えだと思います。

際限なく親切にするのは甘やかしになるかもしれません。時と場合を見極めなければ要らぬおせっかいにもなり得ます。

人のために何かをする=本当にその人のためになる、と、必ずしもそうなるわけではありません。

それどころか、かえってその人の成長を止め、人生の邪魔をしてしまう事さえあります。そして本来その人が果たすべき義務を代わりに背負わされる場合もあります ((( ;゚Д゚)))ガクブル

今回は、行動心理学の「オペラント条件付け」を例に出して、双方ともにデメリットしかない親切について書いてみます。

この記事は、自己犠牲をしてまで人に尽くしてしまう人に向けて書いたものです。

  • オペラント条件付けとは何か
  • 古典的条件付け(レスポンデント条件付け)
  • 人への親切がオペラント条件付けになるパターン
  • オペラント条件付けをするデメリット

オペラント条件付けとは

オペラント条件付け

「スキナーの箱」という名で知られる実験があります。

レバーを押すとエサが出てくる仕掛けをした箱にマウスを入れます。そして、マウスが偶然レバーを押すとエサが出てきます。

レバーを押す=エサが手に入るという「いい事(=強化子)」があるので、マウスはどんどんレバーを押すようになります。

犬にお手を教える時も、この方法を使います。

「お手」と言って、犬の前脚を手の上に乗せ「良く出来たね」などと褒めながらおやつをあげます。何度か繰り返すと、お手と言った人の手の上に前脚を置くと「おやつがもらえる(=強化子)」と学習してお手を覚えます。

このように、良いことがあるので良い行動をやろうという学習が正の強化刺激

逆に、悪いことがあるので悪い行動をやめようという学習が負の強化刺激です。(いたずらをすれば叱られるなど)

予備知識として:古典的条件付け(レスポンデント条件付け)

オペラント条件付けと並んで説明されるのが、古典的条件付けです。

「パブロフの犬」と聞くと、ピンとくる人もいると思います。

空腹の犬にエサを見せると唾液を出します。

犬にエサを与える前にベルを鳴らすと、犬はベルの音を聞いただけで唾液を出すようになるという実験があります。

このように、何かの特定の刺激が生理的反応と結び付けられるものを指します。

例えば、お風呂が湧いた時の音楽と同じものを外で聞くと、お風呂に入りたくなるのもこれにあたります。

オペラント条件付けとの違いは、自発的に行動したのではなく、刺激が与えられた結果(受け身)という事です

親切が仇になるオペラント条件付けの例

義務を肩代わりする

生きていく上で、やらなければいけない事や、できるようにならないと困る事があります。

それを肩代わりしてしまうと、その人の人生すら邪魔してしまいます。

できない時に助けてもらえる、困っているからやってあげるというというのはよくある事です。ですが、行き過ぎてしまえば、

できないと言えばやってもらえる=できないままの方がいい と相手が学習してしまうかもしれません。

できないとやってもらえるというのは、「やってもらえる(良い結果)」のは「できないから」なので、できない=良い事 という理屈です。

これを分かりやすくするために、別の例を出します。
クレームを言えば何かおわびの品がもらえるので、どんどん苦情を言おうとする一部のクレーマーもこの理屈です。
「おわびの品がもらえる(良い結果)」のは、「クレームを入れたから」なので、クレームを入れる=良い結果が起きる行動、と学習した(しつけられた)という状態です。
苦情を言ったら得をする、といった感じでしょうか。

それが相手のためにならないのはもちろんですが、助けた本人にも課題が降りかかる場合があります。それは、その分の人生を背負わなければいけないという形でやってきます。

なので、困っているから安易に助けるのではなく、その人の人生や課題を邪魔していないのか考えなければいけません。

「弱い自分」でいると得をすると教える

ここでいう「弱い自分」とは、努力すれば(必死に努力すれば)

職場に恵まれない、家庭環境が悪い、十分なお金がない、病気がち、不幸な自分、などという状態から脱せられるのに、甘んじてその状態で居続ける事を指します。

病気がちな人は、もしかしたら生活習慣を改めれば体調が良くなるのかもしれません。(生活習慣を改めるのは簡単ではないので、必死の努力が要ります)

ですが、具合が悪い事をアピールすると、やさしくしてもらえたり、何らかの当番を代わってもらえたりすればどうなるでしょうか?

病気がちな事にデメリットを感じるどころか、得をすると思うかもしれません。なら、体調が良くなる努力をする必要がなくなります。

欲しい物を買うのを我慢出来なかったり、働けるのに十分に働かないために、お金が足りなかったとします。

でも、「お金がない」と言えば、おごってもらえたり、お小遣いがもらえるなら、節約したり、収入を増やすための努力をしようと思わないかもしれません。

意識の上では「健康になりたい」「もっと稼ぎたい」と思っても無意識ではどうでしょうか?

病気になったらいい事がある、貧乏でいたらご褒美がもらえる、といったオペラント条件付けをされているわけなので、その条件から外れる事が怖くなる可能性があります。

単純に、健康だと損をすると思うかもしれませんし、十分にお金を持っていると親切にしてもらえないと思うかもしれません。

無意識が望むと、その条件を引き寄せてしまいます。

なので、いつまでも弱いままの、被害者意識をもった人を生成してしまうのです。

なぜ親切が仇になる?

自分の為の親切と自覚していない

自分のための親切といっても、情けは人のためならず(=人に親切にすると巡って自分にも良い事がある)という意味とは違います。

周りからの評価や、承認欲求のための親切なら、それを自覚しておかないといけません。

そうでなければ、無意識に相手に対し、
弱者であってほしい、自分の助けを必要とし続けてほしい、依存してほしい、といった事を望み続けてしまいます。

それが相手にも伝わり、弱者で居続けないといけないのでは?といったような、自立を阻む圧力になってしまいます。

長期的に見て考えない

何かできない事があって困っていても、いつかはやらないといけない場合があります。

それを代わりにやってあげたのなら、その時は助かっても、長期的には役にも立ちません。逆に、出来なくても誰かにやってもらえばいいという、依存の方向へ進んでしまうかもしれません。

肩代わりではなくやり方を教えるとか、同じ「助ける」でも長期的に見てその人のためになるようにしなければいけません。

仇になる親切かどうかの見分け方

自分の欲求のために助けていないかどうかが、見極めの1つのポイントです。

  • 感謝されたい、周囲に良い人と思われたい、といった愛情を求めるもの、
  • 必要とされたい、できる人と思われたいという、承認欲求からのもの、
  • 助けないことに罪悪感を持つ、助けた方が楽、といった自分の弱さからくるもの

これらは相手に向き合った親切ではないために、悪い結果を招く場合があります。

(※これらをしっかり自覚した上で親切にするのは、そんなに問題はありません)

まとめ

  • 人への親切がオペラント条件付けという悪い「しつけ」に成り得る
  • ただ助けるのが良いとは限らない
  • 短絡的な助けではないか、自分のための親切ではないか考えて見る

自分が我慢して、人のために行動したり、なにかを差し出さずにはいられない人に「自分を大切にして」といってもきいてもらえません。

なので、あなたの過度な親切は迷惑になるのでやめましょう!!

実際に迷惑になる具体例を出して伝えてみました。

心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました