ケン・ウィルバーの発達理論と危険な霊能力

発達心理学
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

この記事で書くケン・ウィルバーの発達理論は「トランスパーソナル理論」とも呼ばれています。

エナジーワークや、目に見えないものを扱う場で「霊能力」を特別視されることがあります。それについて、ケン・ウィルバーの発達理論で言われていることを書いていきます。

この記事の目的は

「すごい人」
「偉い人」

と言われる(自称も含みます)人にエナジーワークやカウンセリングなどを受け持たれて、否定されたり利用されたり怒られたりなど、嫌な思いをした人に

それは、相手がが悪いのであってあなたのせいではない

と知ってもらうことです。

発達心理学ではそうなる理屈が説明されています。

ケン・ウィルバーのインテグラル理論についてはこの記事をどうぞ。

ケン・ウィルバーの発達理論(トランスパーソナル理論)とは

ケン・ウィルバーは、アメリカの現代思想家でインテグラル思想の提唱者です。今もご存命で、新しい日本語訳の本がさらに出版されています。

人間の意識の進化段階を大きく

  1. プレパーソナル
  2. パーソナル
  3. トランスパーソナル

の、3つに分けたものが「ケン・ウィルバーの発達理論」です。

ここで比較として出すロバートギーガンの発達理論は以下の記事を参考にしてください。

チャクラの発達段階についてはこの記事をどうぞ

心・魂・精神についてはこの記事をどうぞ

1.プレパーソナル

プレパーソナルとは、パーソナルの前(プレ)という意味です。

自分と他人の区別さえもついていない状態です。個としての自分を確立する前の段階でもあります。

通常は大人になる前に次のパーソナルに発達しますが、成人の2割ほどはこの段階に留まっています。

自己中心的で自分勝手、こらえ性のないわがままな一方、好きな事にはわき目もふらず熱中し、何かの技術を習得するという面もあります。

ロバート・キーガンの発達段階:発達段階2(道具主義的段階・利己的段階)
チャクラの発達段階:第2チャクラ~第3チャクラ
体・心・魂・精神 :体

2.パーソナル

個としての自分を確立した段階です。いわゆる大人になった状態です。

社会生活を善良にこなし、あるいは適度なリーダーシップを取りながら暮らしていきます。日常生活をそつなく、出来れば有意義に過ごしていくのが行動原理になる場合が多くあります。

ロバート・キーガンの発達段階;発達段階3(他者依存段階)~発達段階4(自己主導的段階)
チャクラの発達段階:第4チャクラ~第5チャクラ
体・心・魂・精神 :心

3.トランスパーソナル

トランスパーソナルとは、パーソナル(個)を超える(トランス)という意味です。

個を超えるので、相手の立場や考えがしっかり理解出来ます。俯瞰(ふかん)能力を持ち、ものごとを拾い視野で観れます。

ロバート・キーガンの発達段階;発達段階5(自己許容、相互発達段階)
チャクラの発達段階:第6チャクラ~第7チャクラ
体・心・魂・精神 :魂~精神

ケン・ウィルバーの発達理論に見る霊能力の危険性

見えない世界、心やエネルギーを扱う世界には、プレパーソナルの段階の人が意外な程に多くおります。

プレパーソナルな人物は、集団生活や誰かの下で使われる事が好きではないので独立した仕事を好む傾向にあります。

プレパーソナルの段階の人は、技術を極める能力があります。なので、自身のやる事に満足し周囲に当たる事無く仕事をしているならば、独立するのに向いています。

ですが、自分のやる事に満足しておらず、周囲を自分のいいように利用したり傷つけたりしているならば問題です。

そしてやっかいなのは、プレパーソナルな段階は、霊能力的な不思議な力を持ちやすいという点です。

3つの段階でサイキック的な力を持ちやすいのが、プレパーソナルとトランスパーソナルです。

成人人口で占める割合は、プレパーソナルが20%なのに対し、トランスパーソナル段階の人は1%程度しかいません。

必然的に、見えない世界で不思議な力を持つ人の大半が、プレパーソナルな段階という事になります。

なので、サイキック的な力がある、力があるから良い結果をもたらしてくれるだろうという観点だけで選ぶのは、とても危険でありお勧め出来ません。

そして、そのような強気な人に何かを言われれば、自分が間違っているのか?と不安になる事もあると思います。

ですが、とにかくその人とかかわるとストレスが溜まるならば、良くなるものさえも悪くなるので、相手が正しい正しくないは置いておいて、とりあえず離れてください。

プレパーソナルな段階がサイキック能力を持ちやすい理由

不思議な力を持っていると、信じ込んでいるからです。

子どもの頃には不思議な力があったのに、大人になって消えてしまうのが典型的な例です。不思議な事象を起こせることに疑いを持っていないからこそ出来ます。

ルフィが強い覇気を持つのも、プレパーソナルという大人になりきっていない段階だからです。海賊王になると心から信じ込み、行動に移しているから不可能を可能にしています。

ルフィは自分のやりたいことを極めて、充実しているので問題ありません。それどころか魅力的なキャラクターで周囲にも愛されています。

問題なのは、自分は立派で偉い大人だと思い込んでいるプレパーソナルです。

自分は人格者で選ばれた人間だからこのような能力があるのだと思い、周囲にもその評価を強要します。

トランスパーソナルな段階がサイキック能力を持ちやすい理由

個を超えて、魂や精神と対話をするからです。

この段階では、見える世界と見えない世界のしくみがわかるので、それを使っているだけの場合もあります。

プレパーソナルな段階の人に担当されるデメリット

プレパーソナルと認識していない人の場合を指しています。

自己中心性が高いために振り回されたり、傷つけられる場合があります。

心の問題を抱えているから見てもらっているのに、余計に症状が悪くなります。

自分の利益になると思えば利用してきます。自分のプライドを満たす道具としても使ってきます。つまらない自慢話を聞かされることも少なくありません。

この段階の人は選民意識が高く、「自分は正しく相手は間違っている、何故ならば自分が正しいからだ」という世界観で生きています。

正しい「自分」は成熟した人間のつもりであり、自分に近づく事が成熟への道とさえ思っています。

ですが実際は、パーソナルな人に対しプレパーソナルになれと言っているわけです。

プレパーソナルな段階の人を見分ける方法

発達は、自己中心性が少なくなっていく事を指します。なので、自己中心的な人かどうかで判断出来ます。

人の話を聞かず、自分の力をアピールしたがるというのがそうです。自分のやっている施術などは絶対的なもので、他には手段がないと思っているのもそうです。

そのような人の場合は、プレパーソナルの段階でないかどうか注意してみてください。

まとめ

心の世界や見えない世界は、ごまかすことも可能な場所です。良くなれば自分のおかげ、悪くなれば相手が悪いと、そのように判断する場もあります。

そうなれば、お金を払って悪い状態にされた上怒られるという散々な目に合います。

施術やカウンセリングには相性があるので、良くなる人とそうでない人が居るのは仕方のない面はあります。だからといって、こちらが悪者にされる必要はありませんよね。

過去にそのような経験があった方は、その罪悪感や嫌な気持ちは押し付けられたものだと知ってください。

今、何か嫌な目に合っている方は、相手の成熟度について考えてみてください。

ちなみに私には霊能力はありません。霊も見えません。

発達心理学
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました