低級霊を避け高級霊と繋がる現実的な方法(注:スピリチュアルではありません)

見えない世界の法則
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

私には霊感がありません。なので霊は見えません。

それでも、無意識や集合的無意識までもぐると、守護霊や高級霊のような存在と対話しているのと同じような状態になります。

それは「虫の知らせ」や「シンクロニシティ」と理屈は同じなので、特別なことではありません。

低級霊的なものとの関りも、楽観を心掛けると避けられます。

霊について理屈を語るとこうなるんだな、と思って読んでください。

  • 高級霊について
  • 低級霊について
  • 無意識・集合的無意識と霊や神との関係
  • 高級霊・低級霊と繋がるそれぞれのパターン

高級霊と低級霊

高級霊、低級霊問わず、神も含め、霊的なものの総称を私は「意識体」と呼んでいます。肉体を持っていないけれど意思があり、なんらかしらのアプローチをしてくるもの、という感じです。

高級霊とは

守護霊的な存在

人にはその個人を見守り、時には導いていく存在があるとされています。一般的に守護霊と言われます。それは個人の無意識の、深い部分に存在しています。

無意識にまかせれば全てが上手く行くと言われていますよね。そのように、個人の無意識は、本人の在るべき姿や目標を叶える方法を知っています。ハイヤーセルフとも言えます。

その無意識は、本人の意識とは無関係に、独立して意思を持っているかのように動きます。私はその意識体を「後ろの人」と呼んでいます。

指導霊的な存在

ハイヤーセルフ的なもの以外にも、後ろで見守ったり導いてくれる存在があります。指導霊と言われるものです。

この正体は、集合的無意識の中の、その人と縁がある部分です。

この指導霊に当たる意識体は、一体とは限りません。前世の関係や、生きて来た成果によって、何人もの意識体に見守られている場合もあります。

そして、意識体側も見守る、つまり加護する対象は1人とは限りません。

神様など、力のある意識体なほど、同時進行で何人も加護し、あの世での仕事までも行っています。

なので、「有名な神様が後ろに付いていてくれる」という場合でも、必ずしも嘘や妄想というわけではありません。

生きている人間同士の、何かの契約や血縁などで、お互いの加護との縁ができることもあります。

縁が切れればその加護も離れていきます。悪霊的な物でもそうなります。

「縁」に変化が出ると、急に加護が薄くなったと思えたり、逆に呪いが解けたような感じになることもあるのはこのためです。

なので縁を繋いだり切ったりする場合は、その点も留意された方が良いかもしれません。(「正しく」生きてさえいれば、心配する事はありません)

天の意思、もしくは神のような存在

全知全能の神というよりは、付喪神や、八百万の神といったような、誰にでも接する機会があるような存在を想像してください。

職場には職場の神のような物があり、地域にはその地域ごとの神のようなものが存在します。国や地球全体のような大きな物の神的な存在もいます。

低級霊とは

物事を捻くれて伝えてきたり、正しくない情報を言ってくるような存在です。現実を見せずに成長を阻害したり、逆に後退していくかのような考え方をさせ続けたりもします。

霊と繋がる能力があるからと言って、正しく高級霊と繋がれるものではありません、逆に低級霊と繋がる場合が多いかもしれません。

「神と対話できる自分は凄い」とか「特別な選ばれた人間だ」とか「能力が高いから霊と対話が出来る」とか、そう思っている時点で低級霊と繋がっているのかなと、そういう印象もあります。

理屈で考えてもそうなります。何故なら、低級霊=間違った集合的無意識だからです。

イメージしにくい人に向けて、少し極端な話を書きます。

例えば、降霊術を使える人(所謂イタコさんですね)が霊を降ろしてきて、その霊がイタコの口を借りて

「私はマリリン・モンローだ」と言ったとします。

ですがそれは、本物のマリリン・モンローとは限りません。モンローのフリをしているだけかもしれないし、思い込んでいるのかもしれません。あるいは、モンローに成りたい願望を、イタコによって叶えているのかもしれません。

このように、繋がる能力があっても、本物に繋がれない場合があります。

後ろや天と正しく繋がる方法

正しく高級霊と繋がるためには、正しく生きて行くのが確実な方法です。正しくといっても、規律を守るとか四角四面にというより、自分の中で筋が通っているかどうかがポイントです。

自分の行動に後ろめたいことがあれば、正しく無意識とはつながれないからです。

ですが、もう少し現実に落とし込んだ方法を紹介します。

1.無意識との正確な対話

後ろ(守護霊)とは、最も高まった自分自身という説があります。

守護霊=自分、というのは面白くないと思われるかもしれません。

ですが、その方向性で考えを進めて実践していくと、結果的に高級霊と繋がれます。なので、これも正解の1つと考えています。

自分の後ろと繋がる方法

自分の無意識を正しく認識し、深い所まで対話出来るようになってくると、「後ろ」と繋がれるようになります。個人の無意識は、その人の能力を最良な方向性で活かしていく能力があります。

何かを本気できわめようと思うとこれが出来てきます。

スポーツなら、自分の精神状態を知り、体の声を聞き、上達出来ない時には心や体から偽りのない正しい状態を把握しなければいけません。

趣味だとしても、例えば「読書(小説)」なら、その表現の内面を理解するためには、自分の内面ともとことん向き合い、自分の中の濁りを消していく必要があります。自分の中に濁りや歪みがある限り、その中の感覚は受け取れないからです。

このようにして、無意識の奥まで正しく行けると、感が冴えたり、アイデアが湧きやすくもなります。

天(上)と繋がる方法

個人の無意識のさらに奥に、「集合的無意識」があります。そこまで到達出来るようになると、家族や地域、会社、国、地球、宇宙の無意識とも繋がれます。ここに正しく到達出来ると「上」と繋がった状態になります。

スポーツなら、対戦相手の状態を見極められる段階で、集合的無意識と繋がります。

自分が正しく無意識に潜れた分の、6~7割程度、相手の無意識にも入れる(入ってしまう)ようにもなります。

なので、天の声を聞く第7チャクラを使う人ならば、上と繋がれるようになった時は、人の「後ろ」と話せるようになったり話しかけられるようになってしまいます。

集合的無意識とは、心理学者のユングが提唱している概念です。個人の無意識の奥では皆が繋がっていて、その集団屋状態に属している時に共有される無意識を指します。

無意識との対話で注意するべき事

内面との対話はかなりの気力を消費します。

頭部に意識を長い時間集中させると、頭に気が上ったような状態になります。特にエンパスの人は、普段から気が上りやすいので精神バランスを崩しやすくなります。

疲れたと感じたときは内観を中断し、散歩をするなどで体を動かすようにしてください。

2.思いやりの心を持つ

思いやりの心を間違った方向性で持ってしまうと低級霊と繋がります。正しく持てれば、高級霊と繋がれます。この2つのパターンを書いていきます。

分かりやすいように少し極端な書き方をしますが、ツッコミを脳内にとどめておいていただきありがとうございます(⁉)(下書きが冬だったので季節感がおかしい点もご了承いただきありがとうございます)

低級霊と繋がる思いやりの心

共働きの夫婦がいました。(仮にA夫妻とします)稼ぎのメインは夫です。妻は仕事の時間が短いかわりに、家事の全てをしています。

夫視点
夫は、自分が仕事以外に手が回らなくて、共働きなのに、全てを妻に任せている事を申し訳なく思っています。妻は忙しいのだから、せめてお弁当を作る手間は楽させてあげたいと思いました。そこで、安い社食に切り替える提案を妻にしました。ですが妻は浮かない顔をしています。気の利いた提案さえ自分は出来ないようです。

妻視点
妻は、共働きと言っても自分より多く働いている夫は大変だろうと常に思っていました。せめて家事くらいは完璧にしたいと思い、それがこの家での自分の存在価値とさえ考えていました。ところがある日、自分が作るお弁当ではなく、社食にしたいと提案されました。自分の料理は美味しくないのだと言われたようなものなので、とてもショックでした。

これは、自分が我慢すれば良いと言った感じの、安易な自己犠牲の結果で起こっています。

高級霊と繋がる思いやりの心

共働きの夫婦で、メインの稼ぎは夫、妻は仕事+家事という上記と同じ設定の夫婦です。(仮にB夫妻とします)

妻視点
今日は夕方から急に冷え込んできた。家に帰って暖房を付け、生姜湯を飲んだらなんだか幸せな気持ちになってきた。夫は今、さっきの自分と同じように寒いのだろう。暖房を少し強めて、晩御飯は生姜をたっぷり入れたうどんすきにしよう。
2人で晩御飯を食べた後、夫がお土産といってアイスクリームを出してくれた。ちょっとぬくもりすぎたので丁度食べたいと思っていた所だったんだ。

夫視点
今日は夕方から急に冷えてきたぞ。妻は今頃家に帰りついた頃かな?妻はなぜかいつも自分の食べたい物を用意してくれているから、夕飯は生姜が多めのうどんすきかな? 暖房もきかせて待っていてくれるんだろうな。妻は暖かい部屋で食べるアイスクリームが好きだから、お土産に買って帰ると喜んでくれるだろうな。

これは、自分と相手が幸せになれるように、素直な心で思いやった結果です。

何故これらが霊と繋がっていると言えるのか?

特に、2組の夫婦の例については、「単なるすれ違い夫婦と仲睦まじい夫婦の話じゃないか、A夫妻はとりあえずよく話し合え」と思われたかもしれません。

この2組の夫婦は、それぞれの夫婦の集合的無意識に繋がっています。

A夫妻は、間違った集合的無意識、つまり低級霊と繋がった状態です。B夫妻は正しい集合的無意識、高級霊と繋がった状態になります。

B夫妻のような状態ならば、夫はお土産をいつもと違う店で買って得をした、というような偶然にも頻繁に出会っているはずです。

正しい集合的無意識に繋がれば、他の正しいものとも繋がりやすくなります。とあるお店の人が「今日はアイスクリームの特売だ」と思うと、その情報がアイスクリームを買いたい人の集合的無意識に発信されるからです。シンクロニシティが起こりやすいのもこの原理です。

B夫妻が、天からの声を聞くような人なら

妻は家に帰る前から、「うどんすきを作ろう、生姜たっぷりでね」というようなメッセージを受け取ります。夫は会社を出る前から、「アイスクリームをBスーパーで買って帰りなさい」的なメッセージを受け取ります。そしてお互い、何で食べたい物が分かったの!?とびっくりしたりします。

これを家庭だけでなく、職場や他の人間関係で必要な事が出来るのはもちろん、通りすがりの困った人を上からの伝言に従って助ける事もあり得ます。

この状態だと「高級霊と繋がっている」「天からの助けを得ている」と納得してもらえるのではないでしょうか。そしてそれが、単なる運の良さではない事も分かっていただけると思います。

A夫妻なら、夫は「そんな提案で私の機嫌が直ると思っているの?」という妻の声が聞こえ、妻は「弁当が不味いって言ってるんだよ」という夫の声が聞こえるのかもしれません。これも、低級霊と繋がっていると言われても仕方がない状態です。もしくは、統合失調症という診断が下るのかもしれません。

まとめ

高級霊は正しい集合的無意識、低級霊は間違った集合的無意識につながることでアクセスする。

正しく「加護」と繋がるためには

  • 無意識と正確な対話をする
  • 思いやりの心を持つ

上と繋がり、戦争を止めたり天変地異を予言したりするような、大きな力に憧れる人もいます。

ですが、その気持ちが濁りや歪として働いてしまう場合もあります。そうなると、自分の無意識に正しく潜り込めない原因になったり、正しく上と繋がりにくくなってしまいます。

そのような場合に、「意思をわかりやすく受け取る」能力を持つと、低級霊と繋がるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました