デグーのおやつを手作りしよう!簡単手軽な乾燥野菜の作り方

デグーの気持ち
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事は過去のペットブログのものをを加筆修正したものです。

家で乾燥野菜を作ろう

かわいいデグーちゃんに手作りの物を食べさせたい

デグーちゃんに与えられる、小動物用の乾燥野菜は多く販売されています。

家でも、びわの葉・桑の葉・パセリ・オオバコ・タンポポは市販の乾燥野菜を利用しています。

私が家で作るものは、量をあげられないもの、

例えば乾燥キャベツは、デグーちゃんには糖分が多いので少ししかあげられません。でも、市販の乾燥キャベツは量が多いですよね。なので、新鮮で美味しそうなキャベツが手に入った時に少量を乾燥させて、それをあげています。

いろんな種類の野菜を必要な量だけ用意する事が出来るのも、家で乾燥野菜を作る利点だと思います。

それに、手作りの乾燥野菜を美味しそうに食べる姿を見ると、なんだかこっちまで幸せな気持ちになってきます。それこそ、飼い主冥利に尽きる!という気分です。

家で作るときに気を付けたいこと

家で作る場合は市販のものと比べて、乾燥が完全でない場合もあります。

保存方法に気をつけて、早めに消費するようにしてください。普段から手に入るものなら、食べきり一回分だけを作るようにします。

保存する時は、乾燥剤と共にジップロックに入れて野菜室へ。冷凍庫に入れるとさらに乾燥が長持ちします。

乾燥野菜の作り方

作業手順

電子レンジを使います。

1.キッチンペーパーの上に野菜を重ならないように並べます。

2.500w600wで20秒レンジにかけて様子を見ます。
少し乾いた感じになっていればOKです。まだなら10秒かけて様子を見て、それでもまだのようならさらに10秒かけて、と何回か繰り返します。時間が長いと焦げてしまうので少しの時間ずつ慎重に。

3.200wで1~2分レンジにかけます。
手で触って、カラカラに乾いたと感じるまで1~2分ずつレンジをかけては様子を見て、と繰り返します。

4.食べきりなら、そのままあげて大丈夫です。
保存するときは、お皿に移し冷蔵庫の風が当たる部分に1日くらい入れておいてさらに乾燥させます。

これで出来上がりです。

最初は時間調整が面倒ですが、何度か作っていくうちに大体の目安が分かってきます。なので、もっと手軽で簡単に作れるようになります。

5~600wで仕上がりまでいっぺんにレンジにかけると、少し水分が残るか、焦げてしまうかで失敗することがあります。

それを避けるために、乾きかけまでは5~600wでかけ、その後200wでゆっくり乾かします。

そうすれば失敗なくきれいに出来上がります。

猫草(オーツヘイ)を乾燥させました

立派に育った猫草は

さらに立派になり、自重で倒れはじめています。

そんなわけで収穫しました。

電子レンジにかけます。
作る量が多いときは、何回かに分けます。一回の分量は、野菜があまり重ならずに並べられるだけにしてくださいね。

レンジにかけた時に出てくる水分を吸収させるため、野菜の下にキッチンペーパーを敷きます。

乾いた感じになってきました。
600wで合計50秒レンジにかけました。野菜の種類や量、電子レンジによっていろいろ変わってきますので、その都度、時間の調整をしてくださいね。

その後、200wで合計3分レンジにかけました。カラカラに乾いています。

あの猫草がこれくらいの量になりました。冷蔵庫でさらに乾燥させてから保存しようと思います。

出来上がった自家製乾燥オーツヘイを、家のチョコにあげました。うまうまと、ご機嫌さんで食べています。

チョコの体重測定は、美味しいもので誘導して行なっています。なので、オーツヘイを試食してもらうのに便乗して測ってみました。

いつもの体重は、205g前後なのでのでこんなモノですね。

まとめ

天日干しで乾燥野菜を作ればそれが1番良いのですが、私が住む場所は、空気が綺麗ではない上に、西日本なのでPM2.5の心配があります。

そんなわけで、手軽に電子レンジで作る方法に落ち着きました。

この方法だと、(人間用の)食事を作っている間に、ちゃっちゃとデグーちゃんのおやつを作る事も出来ます。

デグーの気持ち
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました