煩悩(ぼんのう)とは?捨て方はある?

心の話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

煩悩を無くすほどに楽になると言われています。

仏教では瞑想で煩悩を見つめ、苦しみとの関係性を知り、悟りに近づいていくという考え方もあります。

今回の記事では、その煩悩について書いていきます。

  • 煩悩とは
  • 煩悩の苦しみを無効化する考え方

煩悩とは?

「コーンフレークは朝から楽して腹を満たしたいという煩悩の塊」というミルクボーイのネタにもあるように、欲望や怠惰(たいだ)的なものを連想します。

煩悩=三毒・貪瞋痴(とん・じん・ち)

というのは知られた話ではないかと思います。

  • 貪欲:欲しいものなどに対して執着する心
  • 瞋恚:怒ること、腹を立てること
  • 愚痴:偏見、誤解、無知

これが、煩悩の根源と言われています。

苦しみは、何かに執着することから生まれます。

分かりやすい例を出せば、

良い暮らしをしたい、出世して認められたい、幸せになりたい、等ですね。

それに執着し、叶わなければ苦しみが生まれます。

あるブランドの商品が

欲しいと思えば、手に入らない場合は嫌な気持ちになります。
欲しいと思わなければ、手に入らなくても気になりません。

なので、煩悩が少ないほどに楽になれます。

煩悩は、生きていく上で苦しみの原因になります。

願いを持てば、叶わない、断たれた時に苦しみに変ります。

大切なもの、好きなものがあれば、失ったとき、なくなったときに苦しみに変わります。

生きている限り、肉体を保持しなければいけません。そのために煩悩は本能として組み込まれています。

その苦しみから少しでも逃れるためには、精神を鍛えて欲望を制するしかないかもしれませんが

この「マズローの欲求5段階説」の図をみると、程遠い世界にも思えます。

  • 生理的欲求:食事・睡眠・排泄・性的欲求などの基本的な欲求
  • 安全の欲求:危険や恐怖を避け、安全・安心に暮らしたいという欲求
  • 所属と愛の欲求:家族、友人、地域、会社や学校等、人と繋がりを求め、団体へ属したい欲求
  • 承認の欲求:尊敬や高い評価を得たい欲求
  • 自己実現の欲求:自分自身の為の成長や自分らしさを目指す欲求

欲求を肯定することが、マズローの考え方です。基本的な欲求を認めて、満たしていけば、成長していく助けになるというものです。
悟りを開く過程で、多くの仏教は欲求(煩悩)の排除を目指します。発達心理学では欲求を満たして段階を進めていきます。

煩悩を消す方法はあるのか?

生きている限り煩悩は消えない

生きたいと願うことさえ煩悩なので、消すことはできません。

煩悩を消すことが出来れば、涅槃(ねはん)に行けるとききます。ぶっちゃけ「死」ですよね。生まれ変りもない「死」。

煩悩を消したいと思うこと自体がすでに煩悩なので、詰んでいるとしか言いようがありません。

実質的に煩悩を消す方法

上に書いたことを踏まえた上で、私が思う煩悩の消し方を書いてみます。

あくまでも、「ある意味」煩悩の弊害の一部が無効化されると私が感じた方法ですので、その点をご留意ください。

煩悩の苦しみをある程度無効化するには、

自分の持つ煩悩を「煩悩だ」と理解、認識することです。

良いこと、立派なことと思われるものさえも煩悩です。

例を出します。

家の近くの公共道路がごみで散らかっているので清掃した、道に迷って困っている人がいるので案内した、これも実は煩悩による行動です。

散らかっているからキレイにしたい、困っている人を助けたいも、本人の願いや希望だからです。

仕事で頑張るのも、生活を維持したい、会社で邪魔もの扱いされたくないという煩悩からです。

人は、快楽原則や現実原則に従って行動していると言われています。

自分にとって結果的に「楽」な行動をしているという意味です。

ごみで散らかった道の清掃なら、見て見ぬ振りよりも、清掃した方がその人にとって「楽」だったという解釈です。

それを

「自分は散らかった道を清掃した、だから立派だし褒められ感謝されるべきだ」と思えば苦しみに変ります。思うように感謝されなければ不満を感じます。

好きで掃除したんでしょ?と言われれば、強い怒りが湧いてくるはずです。

掃除をすれば徳が貯まります。感謝されないことで徳の消費を抑えられます。徳とカルマの法則的には、良い状況です。

食糧難の時代に、食糧倉庫の管理を任されたとします。

多くの人は、自分や家族のためにこっそり食料を盗みます。

ですが、絶対に盗まない人がいました。その人は栄養失調が元で病気になりました。

「なんて立派な人なのだろう」と、周囲は評価します。

ですが、その人が食料を盗まないことも煩悩です。盗みたくないという願望を実現させただけです。

その人にとって食料は「盗むくらいなら、餓死した方がマシ」で、盗むより、盗まない方が「楽」だったというだけです。

なのでこれも煩悩です。

今している行動が、たとえ人に高く評価されるものでも、「楽」を選んだ「煩悩」だと知ることが、煩悩の無効化になります。

立派なことをしても、感謝されない、報われない、成果が出ないということはよくあります。

それに対し、好きでやったこと、これは自分の煩悩、と理解出来れば苦しみは減ります。

何かをする時に、報われなくても感謝されなくてもOKという気持ちでやるのが、煩悩の苦しみから逃れる考え方になります。

これだけやっても評価されないなら嫌だと思うなら、やらなくても良いかもしれません。

「やらないと迷惑がかかる、怒られる」と思うなら、迷惑をかけたくない、怒られたくない、という煩悩です。

自分が今やっていることで、特に理不尽に思うものがあれば、この起点で考えていくとわだかまりが消えるかもしれません。

まとめ

  • 煩悩の根源の貪瞋痴(とんじんち)
    ・貪欲:欲しいものなどに対して執着する心
    ・瞋恚:怒ること、腹を立てること
    ・愚痴:偏見、誤解、無知
  • 生きたいという気持ちも煩悩
  • 煩悩を捨てたい気持ちも煩悩
  • 煩悩を煩悩と認識することで、苦しみが薄れる

心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました