気付きにくい虐待と無気力

心の話
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

子どもの頃に虐待を受けていても、気付いていない場合があります。

なんとなくは気付いているけれど、そこまでではないと思ったり、誰かに話して否定されたりといったこともあります。

虐待を受けた過去は消せません。なかったことにしても、無意識は覚えています。

今回の記事では、分かりにくい家庭環境問題によって無気力になり、大人になっても苦しんでしまう例を書いていきます。

無気力だとやりたいことも出来なくて損ですよ、という話です。

子どもが悪いと誤解される

親が品行方正な人物に見えると、子どもが問題を起こした時に、

「親の気も知らないで」
「あんなにいい親なのに」

など、子ども側が悪く言われます。

実際に悪い行いをしていなくても、ある科目の成績が思わしくないとか、何かの習い事で伸び悩んでいる程度でも、

「親はあんなに子どもを思いやっているのに子ども側は恩知らずだ」と悪く言われます。

挙句の果てに、親が気にいらない友達と遊んだだけでも、恩知らず扱いを受けます。

親が子どもをコントロールする方法として、

被害者の親
加害者の子ども

という構図を作り上げる方法があります。自分で直接虐待をせずに周囲を使う形です。

いい子でいれば、「素敵なご両親と賢いお子さんのご家庭」でいられますが、子どもの心は死んでしまいます。

わかりづらい虐待の問題点

虐待されたという自覚を持ちにくい

虐待と言えば、体罰を受けるm食事や必要な物が与えられないネグレクト、というイメージがあります。

「親に心を殺された」
「でも、あれは躾であって、肉体DVではなかった」
「しかし、あの場面で自分が傷ついた」
「些細な言い回しを気にする自分の方が変なのかもしれない」

など、虐待だったのか自分が悪かったのか判断出来ずに、何度も同じことを繰り返し考えてしまいます。

虐待される側の感受性が高く頭がまわるほどに、親の拘束力は増します。

親が何度も注意しなくても、親に刷り込まれた「親の反応パターン」が脳内プログラムとして起動します。結果、その期待に添うように行動します。

親が自慢できるような子どもでいるために、成績も良く運動もそこそこで、適齢といわれる頃には就職し、結婚します。

何も問題なく人生を送れているのだから、親に問題はなかったと、親は勿論、周囲やあなた本人さえも納得してしまうかもしれません。

心での親殺しという自立ができにくい

親側があきらかに悪く、はっきり虐待をするタイプならば、耐えるのに相当な気力と根性はいるけれども、心での「親殺し」は可能です。

親と子が良好な関係ならば、自立する時にはお互い感謝をして巣立ちます。

ですが、親が心の自由を奪う呪いの首輪をかけてくるのならば、親の存在を心で消し、首輪を無効化して逃げなければいけません。

気付きにくい虐待をされた場合には、親の存在を消す事を自分が許可できません。いつまでも親のコントロール下にいてしまう事になります。

上の記事でも書きましtが、児童虐待の事を、英語ではchild abuse(チャイルド・アビューズ)と言います。直訳すると、「子どもの乱用(誤用)」となります。

親が子どもの愛情を試す、自分の存在意義を確認する、思い通りにコントロールするのは乱用・誤用と考えられます。

虐待と無気力

理想のいい子を演じ続け、そこそこいい人生を歩んでいるはずなのに、急にやる気がなくなり、動くのさえもつらくなる場合があります。

自分の中にある、心の矛盾に対面した時にもおこります。

例を書きます。

親が望んだ「いい子」では感情の喜怒哀楽を自由に出すことを禁じられていました。なので、虐待された側に信用できる人が出来て、心を開こうとする時に自動的にストップがかかります。

素直な感情を表現する事はみっともない、恥ずかしいという親プログラムが作動している状態です。

信用して心を開ける相手のはずなのに、何故か嫌な気持ちになってしまうということが繰り返し起こります。

やりたいことと、呪いの首輪による親プログラムの板挟みになれば、多くのエネルギーを使います。

苦しみの原因に気が付きたくないという気持ちが、心にエネルギーを与えるのをやめることもあります。

その結果疲れてしまい、ぷっつりとやる気がなくなることがあります。

分かりにくい虐待の対処法

自覚することから始まる

順調に生きてきたはずの自分に起きている、他の人にはない苦しみが、心の矛盾に気付くきっかけになります。

矛盾の原因が虐待だと気づいた時、まずするべきは、虐待を受けたとしっかり自覚することです。

心の中で親殺しをしていいと思っています。

その後、全くの他人として生き返らせるか、死なせたままなのか、何十年後かに仲直りするかは、後で考えれば良いと思います。

これは甘えている行為ではなく、単純な決別であり自立です。

虐待の話を否定する人がいるけれど…

否定されて抜けることが出来ない人を見てきましたので、あえて書きます。

かたくなに虐待の話を否定する人がいます。

虐待をした親本人ではなく、その話を聞いただけの人が否定します。

愚痴を言ったとかそういうのではなく、話の流れで少しとか、言わないといけない事情があって仕方なく話したのに、全否定してくる感じです。

「そんなの虐待のうちに入らない」
「よくある話だ」

それがはっきりした虐待と分かっても

「あなたに問題があったから虐待されたのでは?」
「大人になってまでいつまでも甘えるな」

といったことを言ってきます。

そこまで虐待に反応する人は、ある意味心の問題を抱えていると思われます。

虐待されたことについて文句を言われた場合、自分が悪いのかな?と感じるかもしれません。

そのような人は一定数いるので、それを知ってください。

このような周囲の声で自覚をやめてしまえば、ずっと自立できません。

親を大切にしろという意見は分からなくはありません。ですが恨みを抑圧しても大切には出来ません。

まず自覚して首輪から解放されて、そこからどうするかです。

健康とストレス発散

無気力は、心に気エネルギーが足りない状態です。「気が弱い」も近い状態です。

なので健康になって体力をつけて、元気になれば心が楽になります。

同時に、ストレス発散を心がけてみてください。

当たり前のことのようですが、脳内物質も正常化されるのでかなり効果がある方法です。

まとめ

音楽で親殺し

激しい音楽になりますが、

JURASSIC JADE の After Killing Mam という曲があります。

下のツイッターにリンクを貼っていますので、興味がある方は見てください。

心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました