【簡単に】除霊・悪霊祓いの方法と心理学【無料でできる】

心の話
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

幽霊はもちろん、天の声や神の存在もトランスパーソナル心理学で説明ができます。

私は霊感がなく、霊を見たこともありません。

霊がいるかいないかについては、「いるかもしれないけれど、見たことはないし分からない」と思っている感じです。

その程度の認識でも、集合的無意識の影響を受ければ、良くも悪くも霊とかかわりをもったかのようになります。

今回の記事では、集合的無意識が悪霊化する例や、「除霊、お祓い」する方法を書いていきます。

記事タイトルは【誰でも】【無料でできる】と軽く書いていますが、少し切羽詰まった内容かもしれません。

集合的無意識について

集合的無意識とは、心理学者のユングが提唱している概念です。個人の無意識の奥では皆が繋がっていて、その集団屋状態に属している時に共有される無意識を指します。

意識の奥に、個人の無意識があります。

さらにその奥に、他者と繋がっている「集合的無意識」があります。

他者と繋がっていることで、虫の知らせを体験する、念を送る(感じる)、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致、同時発生)が起きる、といったようなことがあります。

これが「正しいもの」ならば、良い偶然がおきる、危機回避できる、未来がわかる、といった必要なものが手に入ります。

間違ったものならば、悪霊に憑りつかれたのと同じような状態になります。

「間違っている」とは、勘違いや思い込み、事実とは違う思いや気持ちです。

過剰な自己防衛や、毒親による精神コントロールなどで、事実とは違う認識をして苦しみ、怒り、悲しみを抱えます。

それは、何十年以上の時と、何万人以上もの人数の積み重ねで、とてつもない量とエネルギーが積み重なっています。

なので正しいものよりも、間違った集合的無意識に繋がりやすく、そこから離れにくくもあります。

悪霊が憑りつく体験が出来る文章を書いてみた

女性専用車両について、女性と男性の言い分を書いてみます。

これで、悪霊が憑りつく体験ができるかもしれません。実験のつもりで軽い気持ちで読んでみてください。

読んでいて激しいイライラが止まらなくなりそうなら、良くない状態なのでそうなる前にやめてください

女性「専用車両について女性に文句を言われても困る、電車で女性に対し危害を加えている男性に言うべき」

男性「自分はその男性にあてはまらないから関係ないし、作らせたのは女性では?」

女性「なら、私が「専用車両をつくれ」と言ったわけではないから関係ない」

男性「関係ないならその車両に乗らなければ良いのでは?」

女性「出来ているものにあえて乗らなければスペースの無駄になるので非効率」

男性「女性専用車両は階段のそばにあったり、急いでいる時に乗れないので邪魔になる。そこまで求めるのがずうずうしい」

女性「そんなに言うなら、男性も男性専用車両を作るように働きかければ良いのでは?」

男性「女性専用車両さえなければこんな問題はおこらない、男性専用車両を作るのもその問題を作った女性がやるべき」

ああー、もう! どっちでもいいから黙れ!!

って感じになりますよね。

この女性も男性も、男女不平等や差別に関係する集合的無意識に乗っ取られています。

男性側は「女性は優遇されている」と思い、女性側は「昔から女性は虐げられてきた」と思っている、そのような集合的無意識は根強くあります。

女性叩きや男性軽視の言い合いが不毛でも、いつまでも続く原因の1つがこれです。

事実の部分があっても、それにただ文句を言い強く恨むだけなら、やはり間違った集合的無意識ではないでしょうか。

間違った集合的無意識に繋がった状態とは

妬みや僻み(ひがみ)のような感情が止まらない時は、間違った集合的無意識にアクセスしていると思われます。自分はどうせダメなんだとか、絶望が止まらない時もそうです。

「なんでこんなに嫌な気持ちが止まらないんだ?」と思う時は集合的無意識とアクセスしていて、そこから嫌なものが流れてきている可能性があります。

嫌なことやショックな出来事があれば、誰でも悪い感情が湧いてきます。

その悪い感情をたどって、間違った集合的無意識にアクセスします。

あるお店に行って、かなり好ましくない接客を受けたとします。

そうすると、悪い感情が湧いてきます。

「もう少し丁寧に接してくれてもいいのに」
「なんでこんな失礼な態度をされなければいけないんだ」
「もうこの店には行かない」

といった感じです。

そして、嫌な思いをした、運が悪かった、と思ってもそのうち気にしなくなります。

あまり関りのないお店で、これから先に被害もない、その場かぎりの嫌な出来事ならば、その程度の気持ちで済むはずです。

悪い感情が湧いている時に、間違った集合的無意識にアクセスした場合は、その気持ちが止まらなくなります。

店が潰れることを願う、店員をどう懲らしめてやろうか考えを巡らす、などです。自分が駄目な人間だからこんな目に合うなどと思い、うつ状態になることもあり得ます。

店から去っても、どうクレームを入れてやろうとか、口コミで悪い評判を広められないかとか、復讐の気持ちで頭が一杯になります。

冷静に考えれば、そんなに縁が深くないその時だけのことなのにです。そのお店について考える時間ももったいないという感じですよね。

これは、悪霊に憑りつかれた状態といっても差し支えありません。

こんな状態になったら、どうやったら自分の気持ちは晴れるのか、納得できるのかと考えます。くやしい気持ちが止まらず、なんでこんな思いを抱えなければいけないのかと思うかもしれません。

これっきりの、一度だけの嫌な出来事に対して、この感情はあまりにも行き過ぎですよね。

圧倒的なエネルギーを持つ集合的無意識の前では、個人の力は無力です。解決は出来ないとあきらめ、逃げるしかありません。

逃げることが解決方法です。

除霊・悪魔祓いの方法

そこから離れる

集合的無意識に憑りつかれる怖さを書きます。

心の奥にあるもの、無意識のわだかまりなど、個人のものなら時間をかければいつかは取り除けます。

ですが集合的無意識からのものなら、無くすのはまず無理です。

何十年以上もの、何万人以上の「気持ち」が、その集合的無意識に含まれています。なので、取り除いても次々に湧いてきます。

納得させようと考えつくしたところで、大量の無念の想いの前では無力です。逆にその無念の想いの方に憑りつかれます。

なので

逃げろ! 離れろ! 振り返るな!

と、これしか悪霊を祓う手段はありません

違った集合的無意識に囚われてしまったら、理屈抜きでそういうものだと思って、

何も考えずにそこから逃げて、離れてください。

気にしないようにする

気にしないでといっても、難しいのが集合的無意識です。以下の方法で気を反らして、気にしないようにしていきます。

また、変性意識(トランス)状態になれば、集合的無意識に囚われた状態から一旦リセットできます。

意識を反らす

趣味や好きなことをやってみる、美味しいものを作るなど、全然関係のない楽しく感じることに没頭すれば、気が反れます。

かわいい動物の動画や写真で癒されるのも良いですね。

ゲームをする

落ちゲーやパズルゲームなどの、簡単だけれど集中してやるものがおすすめです。

私は二角取りゲームが好きでよくやっています。

麻雀パイの絵柄だと難しいですが、スマホ用アプリでかわいい絵のものが多数あります。

なぞってネコちゃん!も、猫に癒されつつ夢中になれます。

音ゲーのbeatmania(ビートマニア)もおすすめです。Gigadelicが大好きです。

(注:プレイしてクリア出来たとは言っていません)

トランスできる音楽

トランス状態とは、変性意識状態です。

睡眠でも覚醒でもない、通常ではない意識状態を指します。瞑想などでも得られるものです。

ただ、集合的無意識に捕まったままで瞑想をしてしまうと、そちらの方に進んでいきます。いわゆる「バッドトリップ」です。

激しめで一定のリズムを持つような音楽を聴けば、激しさでイライラを飛ばした上でトランス状態になれるのでお勧めです。

GABBA(ガバ)という、クラブサウンドの中でも激しめの音楽があります。好き嫌いが分かれる音ですが、ハマれば強い除霊力があります。

下の動画はEvil ActivitiesMCs & DJsという曲です。Nu-style Gabba と言われているジャンルです。

 

Evil Activities – MCs & DJs (DJ Paul & MC Ruffian’s Offensive Remix)(レコードレーベル公式)

この音が面白いと思ってくれた方は、別の種類の動画をツイートしていますので、見てみてください。

まとめ

間違った集合的無意識に囚われたら、

もしくは、間違った集合的無意識に囚われている人に絡まれたら

それは悪霊に憑りつかれているのと同じなので

逃げる、離れる、気持ちをそらす、という方法で除霊してください。

神様と言われる存在も、集合的無意識からきていると私は感じています。

なので、正しい集合的無意識である神様は、間違った集合的無意識を祓ってくれます。

神社の良い「気」に触れると、何か嫌なものが取り除かれる感覚になるのはこの理由もあると思っています。

タイトルとURLをコピーしました