実はいい夢?簡単な夢診断3つ

心の話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

明けましておめでとうございます。

お正月休みが明けて、ブログも再開です。

お正月明けて初のブログということで、初夢にちなんで夢分析についてです。

初夢をいつとするかには、2つの説があります。

1日の夜に見るものなのか、2日の夜に見るものかで考えが分かれるようです。最近では元旦の夜に見るものが初夢とされているようです。

精神的にキツく感じる夢を見ると、その日は気分が沈んでしまうことがありますよね。

そのような夢について、それは実はいい夢ですよと言うと驚かれて、安心してもらえるものがあります。

今回の記事では、嫌な夢として良く聞くものだけれど、意外にいいものの代表をを3種類選んで解説します。

寝ている時に見る夢の意味

眠っている時は、起きている時に比べ無意識からのメッセージを受け取りやすくなっています。

なので夢を分析し、診断することで自分の心の状態を把握できます。

無意識は夢を通じて、「気が付いてほしいこと」を伝えています。夢のメッセージについて気にかけていると、夢見が変わってきます。

無意識が「夢でメッセージを送ると気が付いてくれるぞ」と判断して、意味のある夢を見せてくれるようになってくるのがその理由です。

夢分析の方法として

  1. 夢に出てくる人物や物は、自分の気持ちの「化身」ではないか?
  2. 夢の中でどのような気持ちになったか、
  3. 目が覚めた後、夢に対しどのように思ったか

等を、意味を考える時のヒントにしてください。

夢は基本的には無意識からのものですが

  1. 意識からのもの
  2. 無意識からのもの
  3. 集合的無意識からのもの

の、3種類があります。

この中の何処からのものか判断すれば、夢分析の精度があがります。

悪い夢を見た時に「予知夢では?」と心配にならずにすみます。

意識からのもの

  • 今日観た映画の夢
  • 明日の予定に関係する夢
  • 今気にしている悩みなどの夢

意識で考えていることが、そのまま夢になって現れます。

この場合は無意識からのメッセージというよりも、頭の中で情報を整理したり、心を準備といった作業をしていると判断できます。

無意識からのもの

抑圧しているものや隠れた不安など、無意識にあって気が付かないものが夢に現れます。

集合的意識からのもの

予知夢など、サイキック能力のように思われるような夢です。

  • 知人についての夢を見たら、次の日その知人に偶然会った
  • 災害の夢を見たら、遠く離れた場所で実際にその災害が発生していた
  • 知人が入院する夢を見たら、その後知人に病気が見つかった

「虫の知らせ」の夢バージョンです。

意識の奥に無意識があり、さらにその奥に集合的無意識があります。集合的無意識は他の人とも繋がっているので、そこには他人からの情報が発信されます。

例えば、川である魚が大量に死んでいる夢を見たとします。そして朝起きてニュースを見ると、同じような光景が映っています。

これは、その川を見た人や取材した人が見たものが、集合的無意識を通して夢に出てきた結果です。

この類の夢は、見た時の感覚などが違うことも多いので、その差で予知夢の類かどうか判断できます。

悪いようで実はいい夢の例3つ

その1.尊敬している人に怒られる

尊敬する人や、凄いなと一目置いている人に、怒られる夢です。

しかも、現実ではありえないほどブチ切れられる場合が多いようです。

たとえ夢でも怒られるのはショックです。しかも尊敬する人ならなおさらです。目が覚めてもまだそのショックを引きずってしまい、その人と顔を合わせても悲しい気分になります。

予知夢なのでは? あの人がそんなに怒るタイプと無意識は思っている?

といったことが心配になるようです。

この夢の意味

これは、心の中(無意識)の「前へ進みたい」「成長したい」という部分が、尊敬する人の姿を借りて、叱咤激励している夢です。

この夢を見たのならば、あなたの無意識はもっともっと成長しよう、しなければいけないと思っています。

そのためには、もっと頑張らないといけないとか、改めないといけない点があるとか、そのような部分を、あなたの無意識が指摘しています。

その2.過去の嫌な思い出の再現

夢の中で学生時代に戻って、「体操着を忘れた!」とか「テストなのに全然勉強していなかった!」など、大慌てする夢です。

実際にあった過去よりも悲惨な状況を夢に見る場合もあります。

そして目が覚めた後「良かったー、夢か!」と、ほっと胸をなでおろします。

この夢の意味

これがごく最近の嫌なできごとの場合は、現実に慣れさせていくための夢体験です。意識からの夢になります。

もう関係のないほどに昔のことならば、「嫌なことはもう起きないから今の自分の幸せを実感するように」と、夢が教えてくれています。

なので、あの嫌なことは過ぎ去ったのだと再認識し、決別して未来に目を向けてください。それがあなたの無意識の望んでいる事です。

その3.大切な人や物を失う夢

大事な家族や友人が重い病気になる、自分の元から去ってしまう、大事にしていたものが壊れてしまう、等の夢です。

こんな夢を見れば、目が覚めても悲しい気持ちが続きます。「正夢?」「予知夢?」と、心配になります。

この夢の意味

これは、大切な物への再認識をうながす夢です。

あなたがなくして悲しんでいたものは、目が覚めたらちゃんと存在していました。これはとても幸せなことです。

自分に対する不安から見る夢の場合もあります。

その大切な人や物が、自分にとって過ぎたる物と思っている等です。

それでも目が覚めれば、きちんとあなたの元にありました。なので自信を持ってください。

まとめ

私は夢を良く見ます。一晩に2~3個は見るし、5分程度のうたたねでもしっかり見ます。あまりに見るので、夢分析を勉強しました。

夢にはいいものもあれば、悪いものもあります。

ですが、少し視点を変えて考えてみます。

無意識のメッセージが届くのは、それだけで良いことです。

なので、夢=良いこと、という受け取り方もできます。

心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました