私がデグーのケージに水槽型を使っている理由

デグーの気持ち
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

デグー飼育用のケージは、金網型(いわゆるカゴっぽいやつですね)を使っている方が多いように思います。

家では水槽型を使っています。

デグーちゃんや飼い主さんによって好みや相性があるので、一概にどちらを勧めるわけではありません。

私が水槽型を使っている理由を見ていただいて、ケージを選ぶ時の参考にしていただければと思います。

comment

この記事は私が過去に作っていたペットブログからのものを加筆修正したものです。

金網型と水槽型のケージについて

金網型

デグーの飼育について調べると、お勧めされているケージはイージーホーム40(ハイ)などの金網型がメインのように感じます。

なので実際に金網型を使っている人が多いのだと思います。

私も最初は金網型を使っていました。
一時的にですが、実際に使ってみた感想を書いてみます。

金網型のケージの良い所

  • 値段がお手ごろ
  • デグー向きのケージは縦長の形なので広くない場所にも置きやすい
  • ステップやかじり木、暖房器具の設置がしやすい
  • 水槽型に比べ、軽くて持ち運びがやすい

良くない所

  • 高さがあるので落下事故が起きる可能性がある
  • 網をかじる場合は歯が心配
  • 別のペットと同居の場合はケージだけでは守りきれない(別室にしたり柵を作るなど別の安全対策が必要になる)
  • 寒さ対策でケージを囲う場合、デグーの視界がさえぎられる場合がある

個人的な感想です。
つまり、うちのデグーには金網型ケージは合ってなかったのだと思います。

水槽型

良い所

  • 猫と同じ部屋でも安全
  • 網がないので網かじりが出来ない。
  • サイドがメッシュになるタイプを選べば湿気もかなり安心
  • (メッシュの網は細かく丈夫なので安全性は高いままです)
  • 冬は暖かさを保ちやすい

良くない所

  • 重い
  • 値段が高い
  • ステップなどの設置は難しく、レイアウトに制限がある
  • ケージ内の暖房の設置が制限される
  • プラスチックで出来たレールなどの部分をかじられる
  • 設置に広い場所が必要

家で使っているパンテオンホワイトWH9045の

上の写真が正面のガラス面、下の写真が横からのメッシュ面です。

上の写真では「出して出して」と言っていますが下の写真は「回し車楽しい~!」とピルピル言いに来ている時のモノです。

「楽しいよ!」とわざわざ報告に来てくれるのも、デグーちゃんの可愛らしいところですね。

金網型ケージをやめたのは

金網型を使っていたのは、初代の子の時でした。

とにかくケージ内で落下を繰り返していました。

いろんな人のケージ内レイアウトを参照しステップやメッシュステージを工夫して配置し、スパイラルパーチを渡したりしました。落下した時の衝撃防止でハンモッグを大きくひろげました。

配置を何度変えても、危険なコースをを探し当て、その危険なコースを使い、繰り返し落下し続けているようでした。

どうも、その危険な遊びが初代の子にとっての娯楽で、難しいコースを降りる事に成功しては喜んでいたんですね。で、時々失敗して落下事故を起こしていたのです。

落下事故は、手を少しひねったり、小さなかさぶたを作ったりです。

病院に行きましたが、そこで念の為にと処方された薬が合わなくて具合が悪くなり、泣きながら別の病院に通う事になったりもしました。

デグーは高いところが好きなんだから高さのあるケージじゃないと駄目なんだ、とそのことにこだわってしまっていましたが、そのこだわりが、初代の子に怪我をさせました。

ケージの高さにこだわるのをやめて、高さがない分、広くしてあげようと思い、パンテオンホワイトWH9045にしました。広くなるので回し車も大きくしました。

牧草もたくさん敷き詰めて、新しいケージに入れたら、中を飛び回り牧草の中に潜ってピルピル喜んでくれました。

ケージを変えて良かったな、この子にはこのケージが合っていたんだなぁと思いました

まとめ

病気にならないための食べ物など、絶対に守らないといけない飼育のルールはあります。

ですが環境など、その個々のデグーちゃんに合ったものを見つけられたらいいなぁと思います。

デグーの気持ち
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました