猫のストレスによる病気は色々━吐いたりハゲたり尿から糖が出たので病院に行った話

スポンサーリンク

本日2022.2.11は家の猫のリュミの

20歳の誕生日です。

20歳を迎えるまでに、ストルバイト尿路結石を数年患ったこともあります。

5年前からは慢性腎不全になり、今でも病院に週に2回ほど皮下注射に通っています。

ついこの間の話ですが、一晩で顔の半分がパンパンに腫れ、注射・飲み薬・目薬による抗生物質漬けになったこともありました。

今回の記事では、20年間生きてくれて、これからも長生き更新中のリュミの苦労を振り返ってみたいと思います。

comment

この記事は私が過去に作っていたペットブログからのものを加筆修正したものです。

猫のストレスの症状1.お腹がハゲた

ストレスばかりで疲れるわー

2ヶ月程かなり忙しくて、リュミにあまりかまえない時期がありました。

その時に、お腹の毛が段々薄くなってきてつるつるな部分が見えてきて、それで異変に気が付きあわてて病院へ行きました。

注射での治療ですぐに治りましたが、ストレスを感じれば再発を繰り返していました。

リュミと何日もとことんべったりする事で再発はなくなりました。

猫のストレスの症状2.吐きまくり

腎臓病用の療法食を色々試していた時の話です。

何種類もを取り寄せて試食してもらいました。その試食の結果

  • A:好んで食べるけれど療法食の効果はイマイチなもの
  • B:療法食としては良い物だけれどそんなに好きではないもの

の2つの選択肢のうち、Bを選びました。

お腹が空けばなんだかんだと食べてくれると思ったからです。

ですが、それ以降1日に2度も吐くような日が4日程続きました。

ちょうど健康診断の時期だったので、血液検査も含めて診てもらいましたが異常なしでした。

食事が好みでないのがストレスで吐いているのであろうという先生の診断通り、フードをAにしたら吐かなくなりました。

猫のストレスの症状3.耳から血を出した

耳の中を掻いて傷が出来て、そこから出血していました。

耳ダニ? カビ? と思いつつも病院へ。

診断は、なんとなく気になるから掻いているだけ でした。

なんかイライラするな~(耳の中カキカキ)→耳の中がなんか変な感じがするな~(さらに耳の中カキカキ)→耳の中がい痛痒いな~(耳の中ガリガリ)

という経緯でこんな感じに傷ついていったのであろうと。

耳の中に薬を塗ってもらって、診察と治療は終了でした。それで完治しました。

ちなみに治療費は0円でした。

猫のストレスの病状4.尿検査で糖(+)が出た

健康管理のため家で定期的に尿試験紙での検査をしています。

家に人の出入りが激しい時があって、その時に尿糖(+)が出ました。

ストレスが原因の可能性を考えて、なるべく静かな環境でリュミとべったりのんびり過ごしました。

猫はストレスで血糖値が急激にあがることがあります。リュミは病院での待ち時間が長いだけでも血液検査で異常が出ました。(病院の先生の診断)

1週間もすると尿糖は(-)になりました。

そのすぐ後に受けた健康診断でも異常はなく、血糖値も正常値でした。

まとめ

リュミを私の元にお迎えした時から、もし20歳になるまで一緒に暮らせたら幸せなとずっと思っていました。(お迎えは里親募集の掲示板を通してでした)

なので私は果報者です。長生きありがとう!!

【10月末までモニター価格】無意識が分かる「自己対話セッション」のご案内

・エンパスかエルゴンなのか知りたい
・自分の無意識の声を聞きたい
など、ご自身についてお知りになりたい方
声を見ることでお伝えします。

スポンサーリンク
くまのをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました