猫VS犬!家のデグーはどちらのタイプ?

デグーの気持ち
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

猫派と犬派など、猫と犬はよく比較されますよね。

デグーは「小さい猫」と言われる事もあり、しぐさが猫っぽい所が多々あります。その一方で「小さい犬」という異名もあります。実際に暮らしてみると、フレンドリーな犬っぽい所もあるなと感じています。

言えることは、小さくて犬猫レベルに頭が良いということですね。

今回の記事では家のデグーのチョコと暮らしていて私が感じた、猫っぽい部分と犬っぽい部分を書いてみたいと思います。

猫も犬もいろんなタイプの子がいますが、こんな傾向が多いかな、くらいに見てくださいね。

comment

この記事は私が過去に作っていたペットブログからのものを加筆修正したものです。

家のデグーの猫っぽい所

体のやわらかさ

猫の体が柔らかいのは、関節がよく伸びるからだそうです。

猫は前足と背中の筋を伸ばしつつ歩き、さらに耳の筋肉までストレッチしたりします。耳まで伸ばす感じです。

家のデグーのチョコも、寝起きに同じ様な動作をする時があります。

上の写真も、猫がよくしているかわいい仕草です。ごろんと転がりつつ、上向きで背中を丸めます。

こんな感じにハンモックの上などでごろんと寝るデグーちゃんは、ショップでも見かけます。

こんな仕草を見ているとデグーちゃんも関節も伸びているのかなーと思ってしまいますね。

帰宅が遅くなった時の出迎え

いつもよりも帰宅が遅くなった時、猫の場合は怒る・拗ねる子が多いようです。

「何処に行ってたの!何してたの!待ってたのに!」といった感じにとひとしきり怒ります。怒り終えたら、「寂しかったのに」と甘えてきてくれます。

怒り→喜びの順です。

犬の場合は大喜びで出迎えてくれます。

「わーいおかえりーおかえりー、帰ってきてくれたんだねーー!!」と走り回ったり飛びついてきたりとはしゃいでくれます。

しばらく喜んだ後、「で、何処に行ってたの?」と尋問が始まったりします。

喜び→怒りの順です。

家のデグーの場合は

「酷いよ酷いよ! ずっと僕を待たせてるなんて!」とぶち切れです、ケージの中が荒らされている事もあります。そして怒りが収まるとべったり甘えてくれます。

完全に猫タイプですね。

怒ってガラス戸を引っ掻いている家のデグーです。

高い所で器用に寝る

猫は、細い棒の上で寝ていたりします。落ちないのかなーと思うよりも「何故そこを寝る場所に選んだ!?」と問い正したい気持ちになります。

さて、家のチョコですが、

上から見たハンモックとペットヒーターです。

その上にこんな感じで寝ます。ハンモックの布ではなく、紐の上です。

「猫か!」と、思わずツッコミを入れてしまいました。

家のデグーの犬っぽい所

芸達者

家ではペットボトルの蓋開けぐらいしか教えていませんが、それこそあっという間に覚えてくれました。

芸達者なデグーちゃんは、ミニサーカスが開けるのではと思う程いろんな芸をしてくれますね。

ハイテンションに楽しいという状態が好き

猫は「まったり穏やかに幸せ」という状態を好む子が多いです。

犬は、特に若くてフレンドリーな子は「楽しい!」というのを共有して喜んでくれます。

家のチョコですが、私の服の中から家事を見学していて楽しい気分が高まってくると、「ピルピルチュイー!」と興奮気味に鳴きながら顔をよじ登ってきます。(かなり痛い)

私が好きな音楽の映像を見て楽しんでいる時は、肩の上から顔を覗き込んできます。それで私が楽しんでいることを確認して、一緒に喜んでくれます。

こういう部分は犬っぽいなーと思っています。

呼ばれると走って来る

猫は呼んでも中々素直には来てくれません。(美味しい物をもらえる等のメリットがあれば別ですが)

来てくれても、ゆっくり「用事はなあに?」といった感じにやってきます。

元気で素直な犬なら、呼ぶと、喜んでこちらに駆けてきてくれます。

家のチョコは室内散歩中でも

コンコンとそこら辺をノックしてから「チョコちゃーん!」と呼ぶと、飛び跳ねながらこちらに来てくれます。

これも犬っぽい行動ですね。

総括

どちらタイプというわけではなく、どちらの要素も持っていますね。

個人的には、猫のような仕草のかわいさと、犬の素直さを兼ね備えているのかなーと思っています。

どっちを選べど、デグーのように生きていくだけ!

というわけで、元ネタはアベルカインです。

デグーの気持ち
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました