手乗りデグーはいつの間にか手の上に居る!?

デグーの気持ち
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

寒い季節になると、よりべったりになるのがベタ慣れデグーです。ツンデレデグーちゃんでもこの季節はデレ要素が増えると聞きます。

家のデグーのチョコはべったべたのベタ慣れです。普段は肩の上や服の中ににいることが多いです。

そして今のような寒い季節は手の上に居る時間が増えます。手に包まれていたいようです。

PCで作業やゲームをしている時に、気が付いたらチョコは私の手の上にいて、片手をふさいで使えないようにしています。

ゲームをしている時、

あ、敵が攻撃してきた、やっつけなければ!と思って両手でPCの操作をしようとすると、何故かチョコがすでに私の片手の上で寝ています。そして

「ププー!!(寝てるんだから動かないでよ!)」

と怒って、私の邪魔をしてくるのです。

手に乗せた覚えはないのにいつの間に!?という感じです。

その「いつの間に!?」の疑問が解消されたので記事にすることにしました。

今回の記事では、あの手この手で手に接触を試みるベタ慣れデグーの様子を3パターンご紹介します。

comment

この記事は私が過去に作っていたペットブログからのものを加筆修正したものです。

家のベタ慣れデグーの催促方法

パターン1:鳴いて催促する

家のチョコは「撫でてほしい」と思う時は私の右側の肩の上に移動します。

私が家に居て、家事などの用事をしている時以外はずっとPCの前に居てなんらかの作業(その中にはゲームで遊ぶのも含まれています)なり検索なりをしています。

右手でマウスを動かしている事が多いので、

フリーになる左手で撫でる事が多い=右肩にいると撫でてもらいやすい

と解っていての行動なのです。

やっぱりデグーちゃんって頭がいいですよね!

それで、私が何かに没頭していてチョコの動きに気が付かないと、

「クゥゥーー」

といった感じの悲し気な声で鳴いて催促します。

「チュン! チュン!」と鳴く時もあります。その場合は「撫でてよ!」というよりも

「撫でろや!!」

と言っているのかもしれません。

パターン2:指を両手で掴む

右肩の上にいてある程度撫でてもらって満足しても、いくらでも撫でてほしいのが家のベタ慣れデグー。

右肩で待機?していて

私が何気に襟を直したり、髪の毛が頬にかかっているのを直したり、チョコの頭をそっと触ろうとしたり等、チョコのそばに私の指が近づくと…

私の人差し指を、チョコの両手(正しくは両前足ですね)で、ガシッと掴みます。掴むというよりも、抱き着いている状態に近いかもしれません。

それで、掴んだ指の先に自分の首あたりを押し付けて、顔を斜めに傾けて待っています。

デグーちゃんが大好きな、首下あたり(撫でられると片手を挙げて首を傾けるあの場所です)を撫でてもらうつもりなんですね。

///////// かわいい! かわいすぎる!

パターン3:不安をあおり手を誘導する

これが、いつの間にか手の上に乗っていた理由です。

どちらかと言えば手の上に乗られて行動を制限されると困る時に、何故か上に居るので「何で??」といつも困惑していました。

その方法は以下の通りです。

チョコが私の肩から降りて、肩下あたりを不安定な感じに走り回ると、

私は 「危ないなぁ」 と無意識に思うようで、落ちないように支えの手を差し出してしまう癖がありました。完全に無自覚です。

特に何かに没頭していると、無意識に手を差し出しやすいみたいです。

だからチョコは、手の上に乗りたいなーと思うと肩下あたりをわしゃわしゃ走り回っていたのでした。

それに気が付いて、支えの手を差し出さずに様子を見ていると

さらにわしゃわしゃと走りまわっていました。差し出されるまで続けるつもりのようです。人間の無意識の行動すら利用するデグーちゃんって半端なく賢いですね!

(多分、「肩の下あたりを走り回っていると手を出して上に乗せてもらえる」と学習したのでしょうが)

まとめ

デグーちゃんの欲求と行動を観察していると、多くの発見があります。

デグーの気持ち
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました