疲れている時ほど眠らない理由と単純な対策は?

心の話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

疲れているのに「眠れない」なら、自律神経が乱れている、何らかのストレスで神経が興奮状態から戻らない(=交感神経が過剰に働いている)んだな、となります。

今回の記事では、疲れている時ほど「眠らない」理由です。

「眠れない」なら、寝ようと試みているのに睡眠に入れない、ですが、「眠らない」は、寝ようとすらしない状態です。

今回の記事では、心のしくみを理解する重要性を合わせて書いていきます。

  • 疲れている時ほど眠らない原因
  • 疲れと気力の関係
  • 疲れている時ほど眠らないに対する対策
  • 具体的な対処法

疲れている時ほど眠らない?

疲れている時ほど眠らない?

最近寝不足もしくは昨日ほとんど寝ていなくて、疲れも溜まっているから今日は早く寝ないと明日の用事に悪影響が出そうだとか、そういう時ってありますよね。

なのに、ついつい動画を見てしまう、ゲームをしてしまう、そして結局、夜更かしをしてしまった。

そのような経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

それは何故か?についてですが、疲れている時に起こっている心の状態と関係があります。

疲れている時の心の状態は?

疲れている時は、イライラしやすかったり、集中力が途切れやすかったりします。

つい怒ってしまう、やめていたはずの悪習慣に戻る、やっていることを途中で投げ出したくなる、などといった状態に陥ります。

これは、自制心、意志力、やる気などの、心のエネルギーが不足している状態です。気持ちの力=気力の部分です。

エネルギーが不足しているから疲れているので、当たり前のことではあります。

気力がないから眠らない?

エネルギー不足なら、それこそ眠るのでは?と思われるかもしれません。

ですが、「疲れているから早く眠らなくてはいけない」と思っているので

目標=早く寝る

と、判断しています。

目標は、気力、やる気、自制心があるほどに達成されやすくなります。なので疲れているから「目標を達成する気力」の不足によって、眠らなくなります。

眠らない理由

まずは言い訳を聞いてみようか

疲れているのに早めに眠らないのには、何か言い訳があるはずです。好きで夜更かししたわけではなくて、事情があるのであろうと。

ここに1つ、ついつい眠らないでいるパターンを書いてみます。

パターンA

面白い動画を1本見てから寝よう

面白い!同じ人のをもう1本だけ見よう

面白い!もう1本だけ!

結果「動画が面白すぎて眠れなかった」

パターンB

面白い動画を1本見てから寝よう

イマイチ好みじゃなかったなー、今度こそ面白いのを!

もっと面白いのが見たい、もう1本見てから…

結果「面白い動画が見つからなかったから眠れなかった」

いや、どっちやねん! って感じですよね。(私のことですが…)

動画が面白くてもそうでなくても、眠らない理由になっています。

これでは、動画を見ようと思った時点でOUTですよね。しかも「眠れなかった」と、仕方がないことのように思ってさえいます。

眠らない原因は?

疲れているから眠れるだろう」という思い込みが原因です。

疲れていて眠れるのだから、ちょっと動画を見ても大丈夫だろうという油断が、「眠らない」に加速をかけています。

実際は、疲れているから眠らないのです。

眠るという目標を達成する気力がないので、眠りません。

疲れている時に眠る「単純な」対策は?

疲れている時は眠らない、眠ろうとしない、という事実を認識することです。

それが一番の対策です。

え?何それ?と思われるかもしれません。でも現状を知るのって、ものすごく大切です。

事実を認識すれば、まず対処法が考えられます。

ですが、事実を違えて捉えれば、誤解が誤解を生み、いつまでも解決できません。

例えば上の、動画を見てから寝ようの例見てみます。

疲れているからすぐに眠ると思っているから、動画を見ても大丈夫だろうと思います。

そして結局なかなか眠らないのですが、それについても勘違いをしていますよね。動画が面白かったから、面白い動画がなかったからと、動画自体のせいにしています。

なので、次に同じようなことがあっても、「前回はたまたま動画との巡りあわせが悪かっただけで、今回は大丈夫」と、動画を見始めます。

それをさらに今後も繰り返してしまう可能性があります。動画でなくても、ゲームだったり本だったりするかもしれません。

気力とそれに伴う自制心に欠けているので、安易に楽しめるものに逃げてしまいます。

このような心のしくみを理解することで、悩みを解決できる事が数多くあります。

疲れている時に眠るための対処法は?

具体的な対処法も書いてみます。

もう、有無を言わさず寝ることです。何か別のことをすれば眠らなくなると自覚して、もう、ただ寝る準備をして可能な限りすぐ寝るのが一番です。

直ぐに寝れるまでの準備をしておいて、寝たい時間にアラームをセットしておく。で、アラームが鳴れば寝る、というのでもいいかもしれません。

メリット、デメリットを考えるという方法もあります。

「動画をもっと見たい」を実行するとします。

では見た時のメリットは?と考えます。それは今の気分を満たせることです。

デメリットは明日1日辛いということや、用事でミスをするかもしれないとか、色々考えられますよね。

このメリットとデメリットを比較して、どちらが良いか考えてみてください。

それでも動画を見たいと思うならば、いさぎよく見ればいいと思います。きっとそれがあなたの意志です。いっそのこと、10本動画を見終わるまで眠らないと目標を決めれば良いです。

そうしたら、眠れるかもしれません。

だって目標を守れないことに困っているのだから。(って本当に10本見られたらどうしよう)

まとめ

  • 疲れている時ほど眠らないのは、気エネルギーの不足で目標達成する気力がないから
  • 事実を認識すれば対処法は考えられる
  • 寝なければいけないなら、可能な限り早く寝る
心の話
スポンサーリンク
kumanoをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました