ブオーンのツボ【ドラクエ5】が怒りの声に見えた話

声を見る
スポンサーリンク

こんにちは。くまの(Kumano@Rpgmg)です。     

今回の記事では、声が見えるタイプの共感覚を持つ私が見た映像の一例を書いてみます。

声が見えるとは?

言葉に色が見えるなど、1つの感覚(言葉→聴覚)に対し別のもの(見える→聴覚)までもが同時に作用する感覚の事を指します。

哺乳類に共通した感覚であり、人間も幼少時には誰もが持っていた物です。

乳児の頃は五感は未分化な知覚を生み出しています。通常は、その後の成長による感覚の発達にともない共感覚は失われていくと言われています。

私は五感を上手く分離させられなかったようで、音が聞こえるだけではなく見えるし触ることも出来ます。

怒りの声がブオーンのツボだった話

まず、ブオーンって何?

まず、ブオーンって何?ってことですが。

ドラクエ5に出てくる中ボス的なモンスターです。

かつて世界を荒らし回った巨大なモンスターでしたが、封魔のツボに封じられました。

そのツボの色が赤くなれば封印が解けブオーンが復活します。

私はスーファミ版でプレイしました。(後にPS版もやりましたが)

ドラクエ5の主人公がツボの色を見に行くイベントがあります。

2度目に見に行った時、ツボの色は真っ赤でぎゅーんという音をたてて回転していた(というイメージ)のが印象的でした。

ブオーンが復活して近づいてきた時、え?こんなに巨大なの!?と、割と本気でびっくりしました。(PS版よりもSF版の方がより怖かったです)

ブオーンが封印された声?

かなり昔の話です。

学生時代の夏休みに短期間のアルバイトをしました。

そこでお昼ご飯を一緒に食べていた主婦の方が、ご家族への愚痴をよく言っていました。

よくある話で、自分は仕事、家事、義理の親の世話をしているのに家族は何もしてくれない、仕事だけしていればいいと思っているという内容でした。

幾度も「仕事だけしていればいいと思って!」と言うのですが、その言葉を聴く度に、赤いものが「ぎゅーん」という振動と共にぐるぐる回っているものが見えました。

その見えているものに焦点を合わせると…

ドラクエ5の、ブオーンが封印されていたツボでした。

見えた映像から分かることは、

この人の怒りは想像を絶するぐらい凄いものだということです。

怒りが蓄積し続けて噴火寸前で、外に出てしまえば

あのブオーンレベルで大暴れになるだろうと容易に想像出来ます。

もう、「ソウデスネ」「タイヘンデスネ」とロボットのように返事をすることしか出来ませんでした。

スーファミ版でブオーンを見たことがある人ならこの気持ちを分かっていただけるのではないかと思います。

刺激して封印がとけたら大変ですからね。

ブオーンが あらわれた!

封印が解ける日がやってきました。

その人はやらなくてもよいことまでしょい込んでいたので、「そこまでしなくてもいいのでは?」と言われたのがきっかけでした。

「私の気持ちなんで分かってないくせに」

「仕事だけしていればいいと思って!」

と、怒り泣き出しました。(←やさしい表現)

「仕事だけしていればいいと思って!」という言葉は、家族に対してだけではなく昼休憩を一緒にしていた私達に対してのものだとも知っていました。

何で仕事だけしかしていないと決めつけているんだと脳内でツッコミつつ、

「○○さんは忙しくて大変ですね。私も仕事しかしていないので尊敬します」という類の言葉を期待していたのも分かっていました。

ご本人は無自覚でしょうが、

「自分は家庭で大変な分、楽なあなたたちがエネルギー(愛情や尊敬など)をくれるべきだ、そうでなければ不公平だ」

という思いがあったのでしょうね。

(なぜか勝手に楽だと決めつけられる周囲の人…)

当時はオペラント条件付けという言葉を知りませんでしたが、言わない方が良いのは分かっていたので言いませんでした。

その人の家で封印が解けたのなら何か解決の糸口が見つかったのかもしれませんが、上手くいかないものです。

まとめ?

ブオーンのツボはドラクエ10にも出てくるそうですが未プレイです。

声を見る
スポンサーリンク
くまのをフォローして更新情報を受け取る
kiraku.com
タイトルとURLをコピーしました